生物

パーカーコーポレーショングループは、「機械」、「化成品」、「産業資材」、「化学品」、「化⼯品」 及び 「その他」 の6部⾨から構成され各分野に関連する事業を⾏っております。 

年月 摘要
1951年8月 日本パーカライジング株式会社の営業部門から分離独立し、パーカー商事株式会社を資本金1,000千円で設立。同社の総代理店となり、その製品の販売を開始。
1952年6月 ブラベンダー社(西独)と代理店契約を締結し、試験機器等の輸入販売を開始。
1953年5月 マグナスケミカル社(米国)(同社はエコノミックスラボラトリー社と合併し、現在はエコラブ・インコーポレーテッドに社名変更)と代理店契約を締結し、マグナス薬品の輸入販売を開始。
1953年10月 日本ゴム株式会社(社名変更し現在はアサヒシューズ株式会社)と代理店契約を締結し、工業用接着剤の販売を開始。
1955年1月 ミアグ社(西独)(現在はビューラー社)と代理店契約を締結し、食品機械等の輸入販売を開始。
1956年12月 パーカー工業株式会社(100%出資)を設立し、製靴機械関連部品の製造を開始。
1988年8月 商号の変更(パーカー商事株式会社から株式会社パーカーコーポレーションへ)。
1989年10月 社団法人日本証券業協会店頭市場(現ジャスダック証券取引所)に登録。
1992年1月 パーカーケミテック株式会社株式取得。(現連結子会社)
1994年4月 PARKER INTERNATIONAL CORPORATION(THAILAND)LTD.タイ現地法人設立。
1994年9月 現在地(日本橋人形町)に本社事務所を移転。
1996年7月 株式会社ピーシーアコウスティック(現株式会社パーカーアコウスティック)(100%出資)を設立し、産業用素材の製造販売を開始。
2001年6月 株式会社群南テクノ(50%出資)を設立し、産業用素材の製造販売を開始。
2002年9月 SHANGHAI PARKER M&E PARTS CO., LTD.(90%出資)を設立し、上海において産業用素材製品を製造開始。
2004年5月 川上貿易株式会社(現パーカー川上株式会社)株式取得。
2004年10月 PC INTERNATIONAL(CZECH)s.r.oチェコに現地法人設立。
2005年3月 株式会社東京証券取引所 市場第二部に株式を上場。
2006年2月 PARKER INTERNATIONAL(TAIWAN)CORPORATION 台湾に現地法人設立。
2007年7月 東京都江東区にテクニカルセンターを開設。
2009年7月 PARKER-PCP AUTO COMPONENTS PVT. LTD. インドに現地法人設立。
2010年11月 SHANGHAI PARKER M&E PARTS CO., LTD. 上海(新浜工場)の化学品製薬工場において化学薬品の製造開始。
2011年7月 PARKER M&E PARTS (FOSHAN) CO., LTD.(90%出資)を中国(佛山)に現地法人設立。
2011年12月 PARKER CORPORATION MEXICANA, S.A. de C.V. をメキシコに現地法人設立。
2013年12月 アサヒゴム株式会社(現パーカーアサヒ株式会社)株式を追加取得し、同社及び同社の子会社である SHANGHAI HUIXU CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD.(社名変更し現在は SHANGHAI ASAHI CO.,LTD.)を連結子会社化。
2016年10月 株式会社ピーシーアコウスティックが株式会社群南テクノを吸収合併し、株式会社パーカーアコウスティックに商号変更。
2017年12月 PARKER M&E PARTS(FOSHAN)CO., LTD. の武漢工場を分離独立し、PARKER M&E TECHNOLOGY(WUHAN)CO., LTD. を設立。